コンテンツ


プロフィール

スペースもやい

Author:スペースもやい
山梨県上野原市で2007年5月にオープンしたコミュニティスペースです。
2008年9月に引っ越しをして、新たな場所で再出発しました。
レンタルボックスでの委託販売や、もやいオリジナル商品などの販売と、カルチャースクールや子育て支援講座、展示会の開催を行っています。機会があったら、ぜひお立ち寄りください。お待ちしています!

山梨県上野原市上野原1719?2
TEL:0554?63?2581
Mail:spacemoyai@mail.goo.ne.jp


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


FC2カウンター


ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

もやいの裏事情(笑)

ひつじです。

今日は、ちょっともやいの裏話を。


現在、もやいでは、5人のメンバーが交替でお店番をしています。

何が大変って、主婦が集まって、毎日お店を開けておく、ということが一番大変です。

専業主婦のようでいて、専業主婦でない(?)という人たちが多いので、時間のやりくりに苦労しています。


でも、いつでも開いている、ということが大切だと思っています。

それが、もやいの信用につながっていく、たぶん一番の近道だから…。


もやいってなに?

って聞かれると、私たちにも、まだきちんと答えられない、というあいまいさ!

でも、「なにかをしたい!」という思いで、何とか続けています。


みんなが、気軽に集まれる場所になればいいなあ、という思い。

どうしたら、うまくやっていけるかなあ、と試行錯誤しています。


なにかいいアイディアがありましたら、ぜひ教えてください!


「space“もやい”」をみんなで育てていきたい…そう思っています。



ぜひ、遊びに来てくださいね?!






スポンサーサイト

着付け教室

ひつじです。

昨日は、着付け教室でした。

生徒さんは、4人(かな?)

のぞかなかったんだけれど、それはまあ、にぎやかでした(笑)


そして、皆さん、ものすごーく、勉強熱心でした。

(あまりににぎやかで、隣の部屋まで、よ?く聞こえてきたもので…いっしょにべんきょうしてしまったひつじでした)


純粋に「着付け」の仕方を教える教室です。

着物の販売などありませんので、安心してご参加いただけます。


そこがいいのか、先生のおおらかさなのか(もやいのメンバーですけど)、生徒さんが増えています。
もやい一の、人気講座です。
(とはいっても、まだまだ少人数ですけど)


着付け教室のご案内です。

毎月第2・4火曜日15:00?17:00

受講料:1ヶ月2000円

持ち物:きもの(着物・帯・帯揚げ・帯締め)
 ※レンタルも用意します。(長じゅばん・小物は持参)


見学もOKです!

お問い合わせください。

0554?63?2581

もしくは、spacemoyai@mail.goo.ne.jp

お問い合わせ、お申し込み、お待ちしています!

「やまなし女性のチャレンジ・シンポジウム」

ひつじです。

今日のもやいは、みんなでせっせと布ぞうり作り。

040_convert_20090126162032.jpg


実は、「やまなし女性のチャレンジ・シンポジウム」に、パネリストとして私ひつじが参加します。

その時に、もやいで販売している商品を、販売することができるんですって!

資金調達に苦労しているもやいとしては、この機会を逃がしてはならぬ、と、在庫確保を始めたというわけです。

しか?し、30日って、もう今週の金曜日なんですけど…。

泥縄って、こういうことを言うのね、という感じ…(笑)




シンポジウムの詳細は、こちらです。


ちなみに

1月30日(金)13:30?15:30

男女共同参画推進センター ぴゅあ総合 大研修室

○コーディネーター
広岡守穂さん《中央大学法学部教授》

○パネリスト
永井寛子さん《NPO法人スペースふう理事長》

・増穂町でリユース食器のレンタル事業を日本で最初に開始。
産学官連携による取組を進め、サッカーVF甲府のホームゲームでデポジット制リユースカップ
を本格的に導入し、リユースの意識を定着させた。事業の広域ネットワーク化も進めている。

溝呂木百合《space“もやい”代表》←これが私

・上野原市でコミュニィティスペース『space“もやい”』を主宰。
講座や催し物を行い地域社会の絆を深める活動を行っている。

渡辺聖香さん《あんふぁんねっと》

・カナダの子育て・親支援プログラム『ノーバディズパーフェクト』講座を
はじめ、子育て支援をテーマに地域でさまざまな活動を行っている。

申込み・問い合わせ先 山梨県企画部県民室男女共同参画課
Tel:055-223-1358 Fax:055-223-1335



もし、興味のある、奇特な方がいらっしゃいましたら、おこしくださいませ。

「ソバ打ち新年会」

ひつじです。

久しぶりの更新…ずいぶんごぶさたしてしまいました。

う?ん、がんばらなくては!!


今頃になってですが、

どうぞ今年もよろしくお願いいたします!!


KIKUちゃんとは、去年の11月に知り合いました。
mixiで見つけて、「すごいことしてる子がいるんだ?」と、すぐ会いに行きました(笑)

そんなKIKUちゃんが、東京の人や地元の人やたくさんの人を巻き込んで、準備した

のっけの「ソバ打ち新年会」

に、もやいのメンバーも参加してきました。


上野原は、まあ田舎ですが、そこからさらにずず??っと奥にベクトルを向けると、西原(さいはら)という地区があります。

まちなかから車で30分。

今回の会場は、そこでした。

DSCN1060_convert_20090125085337.jpg

さいはらには、 「びりゅう館」という公共の建物があります。

新年会は、まずここでソバ打ち、から始まりました。


地元の人たちに指導してもらいながら、50人がソバ打ち。
まあ、たいへんなことでした(笑)

私たちのグループは、伸ばす段になって、生地が乾燥しきってしまい、まわりが破れはじめ…宝の地図みたいになったところで、先生からダメ出しをいただいて、なんとコネからやり直し!!

ほかの人の2倍もコネにコネた、ものすご??くコシの強いおそばとなりました。



こんなのです。

DSCN1059_convert_20090125085413.jpg

てんぷらや(写真を撮る前に食べてしまった…)、ふろふき大根(すごく大きい!!)、ゆずみそで煮た里芋と、それにけんちん汁。

おなかいっぱいになりました。


外は雪でしたが、なんともにぎやかで楽しいひと時。



ソバ打ちで一緒のグループになったももちゃんは、都留文科大学の学生さん。

都留文大といえば「つる小屋」なので、知っているかな?と聞いてみると、なんと住人さんでした。



KIKUちゃんは、さいはらの古民家で一人暮らしをしている20代の女の子です。

ソバ打ちの次は、その古民家に場所を移して、おしること甘酒で交流会。

DSCN1062_convert_20090125085054.jpg

いろいろな方と出会えて、とってもおもしろかった。


帝京科学大学の学生さんたち、 「森のココペリ」のあずみちゃん、なみちゃんも、もやいに興味を持ってくれていて、いろいろなお話きかせてくれました。


そして、思ったこと。

いろいろな場所に出ていくと、人と人とが、どんどんつながっていくんですよね。


大事なことを教えてもらいました。

KIKUちゃん、ありがとう!!!

 | HOME |  ▲ page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。